不治の病として多くの人に認知されるエイズ。免疫機能が低下してさまざまな病気にさらされる恐ろしい病気です。原因としてHIVというウイルスへの長期感染・感染への無治療が挙げられますが、その感染経路からHIV検査の体制が整っているにも関わらず足を運ばない人も少なくありません。
HIV感染の時点で治療を始めれば、エイズは防ぐことができます。自分だけでなく、あなたの大切な人のためにも。まずは検査を受けてみませんか。

  読むサプリでトラブルを防ごう   エイズを予防しよう  
 
HIVを在宅チェック!エイズを予防しよう!

2012年10月31日
マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども
子どもの感染が多いマイコプラズマ肺炎の流行がおさまらない。今年は大流行だった昨年1年間の患者数をすでに超え、過去最高を記録。例年は、12月から1月ごろにかけてピークを迎えるため、専門家は注意を呼びかけている。
2012年10月26日
エイズ人権劇、学校で20年 大分市原川中
年間を通して人権学習に取り組んでいる大分市原川中学校(葛城公一校長)の文化祭で26日、エイズを題材にした生徒たちによる劇が上演された。
2012年10月25日
感染症の流行 風邪と油断せず受診を
高熱や激しい咳(せき)を引き起こすRSウイルスやマイコプラズマ肺炎の感染症患者が急増している。風邪のような症状だが、重症化する心配がある。冬の流行期を前に感染症にもっと注意を払いたい。

一覧はこちらから